トップ > ご利用規約

ご利用規約

「REAL CHASER」にて提供するサービス(以下「本サービス」と称します)を、本サイトの利用者(以下「ユーザー」と称します) が利用する場合の規約については、以下の内容に従うものとします。
ユーザーは本サービスの利用申し込みをされた時点で、本規約の条項に同意したものとみなされます。
なお、本サービスは主に「http://www.realchaser.xii.jp/」により運営され、以下これを「本サイト」と称します。

第1条(定義)
本規約における用語は、それぞれ以下の通りの意味を有するものとします。
1. 「ユーザー」とは、本サービスを受けることのできる者として、この規約に同意の上ユーザー登録をし、当運用者が入会を認めた法人もしくは個人をいいます。
2. 「REAL CHASER」とは、本サービスを提供するために当運用者が運営するウェブサイトをいいます。

第2条(本サービス利用許可)
1. 本サービスをを受けることのできる者は、以下に該当する者とします。
(1) 本サービスの利用申請をして当運用者が連絡可能な電子メールアドレス、その他当運用者が定める個人情報を正確に登録して頂いた者。
(2) その他当運用者が随時定めるユーザー登録資格に該当する者。
2. 当運用者は、本サービス利用希望者が下記のいずれかに該当するときには本サービスの利用を無効とする場合があります。
(1) ユーザー登録をした者が実在しない場合。
(2) 本規約違反等の理由により過去にユーザー登録の停止処分又は除名処分を受けた者。
(3) 本サービス申し込みの際に虚偽の事項を申告された者。
(4) ご登録頂いた電子メールアドレスによる当運用者からの連絡がつかない場合。
(5) 当運用者所定の審査の結果、ユーザーとして登録するのが適当ではないと当運用者が判断した者。

第3条(パスワード等の管理)
1. ユーザーは、ユーザー本人の責任によりパスワードを第三者に漏洩しないよう厳重に管理しなければなりません。
2. 当運用者は、コンピュータその他の機器類の盗難・不正使用・破損・紛失等、並びにパスワードの不正使用等に関して一切責任を負いません。
3. ユーザーは、ユーザーのパーソナルコンピュータにおけるブラウザの設定で、cookieの受理を承諾するものとします。ブラウザの設定によりcookieが拒否される場合、本サービスを利用できない可能性がありますが一切補償または責任を負いません。

第4条(ユーザーの禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用または当運用者へのアクセスにあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。
1. 法令、条例または公序良俗に違反する行為 。
2. 不正アクセスその他本サービスの運営を妨害する行為 。
3. 当運用者または当サイトに関係する商標権、著作権、意匠権、特許権などの知的財産権及びその他の権利を侵害する行為またはその恐れのある行為。
4. 当サイト及び本サービスに関連する情報を改ざん消去する行為。
5. 他のユーザー情報を不正に利用したり、譲渡・販売する行為。
6. 上記の他、当運用者、他のユーザーまたはその他の第三者の利益を不当に侵害する行為 。

第5条(問い合わせ)
本サービスの利用に関する問い合わせは、当運用者の指定する方法にしたがって行うものとします。また、当運用者は利用者及びユーザーの問い合わせに対する回答を保証しないものとし、原則として、利用者本人の自己責任にてこれを解決するものとします。

第6条(免責事項等)
1. 当運用者は、ユーザーの通信や活動に一切関与しません。万一ユーザー間の紛争があった場合でも、該当ユーザー間で解決するものとし、当運用者はその責任を負いません。
2. 当運用者は、ユーザーへの通知なしに本サービスの内容を変更し、または本サービスの提供を停止することがあります。これによりユーザーに損害が生じた場合であっても、当運用者は責めを負いません。
3. 上記の他、ユーザーが本サービスの利用により何らかの損害を被った場合であっても、当運用者は、本サービスの運営を適正に行っている限り責任を負わず、責任を負う場合であっても当運用者に故意または重過失がない限り、その責任はユーザーが被った直接損害の賠償に限られるものとします。

第7条(本規約の範囲および変更)
1. 当運用者は、いつでも本規約を変更できるものとします。
2. 当運用者が本規約を変更した場合、本サービスの利用条件は変更後の利用規約によります。変更後の利用規約については、当運用者が別途定める場合を除いて、ウェブサイト上に表示した時点より効力を生じます。
3. 当運用者はユーザーが本規約の変更に同意しない場合、ユーザー登録を取消すことができます。上記2.の掲示が行われた後にユーザーが本サービスの利用を継続した場合には、変更に同意したものとみなします。

第8条(準拠法)
この規約に関する準拠法は、すべて日本国法が適用されるものとします。
トップへ戻る